Home » iphoneケース選びに役立つ豆知識

iphoneケース選びに役立つ豆知識

iphoneケースには主に、背面タイプや手帳タイプ等があります。
背面タイプはiphoneの背面全体を覆って保護するタイプで、傷などから守ります。手に触れる背面の保護の為、手汗からも守ることが出来ます。背面タイプは現在最も多く普及しているタイプの1つです。
手帳タイプは手帳の間にiphoneを挟むような形式で、iphone背面だけでなく側面や画面の保護も行える万能型です。
手帳タイプには複数のポケットがあり、このポケットに普段から使用するカード類を収納しておけます。ポケットの数は製品によって異なりますが、およそ1個から4個程度のポケットが付いています。
手帳タイプの素材は布の場合が多く手触りが良いです。耐久性も並みにあり、落下などによる衝撃からも守ることが出来ます。

iphoneユーザーの大半が取り付ける理由

iphoneは小型のパーツを内部に、複数搭載している為衝撃に弱いです。中には少しの衝撃でもデータが消えてしまうこともあります。
具体的には地面への落下や、固い物にぶつける等の事で故障することもあります。その為これらの衝撃による故障からiphoneを守る為にケースを取り付けるというのが主な理由です。
衝撃からiphoneを守るという理由だけでなく、iphoneの傷やホコリを防ぐという理由もあります。
細かいホコリが表面に付いた状態で表面を拭くと、小さな傷が付くこともある為、細かい傷を気にする方がこの様な理由で取り付けています。
その他にも傷だけでなく指紋や手汗の付着を防ぐために取り付ける方もいます。
この様に傷や汚れを防ぐために取り付ける場合もありますが、大半は落下の衝撃から保護する為です。

使用用途別に分けたのおすすめ素材

iphoneケースには多くの素材があり、それぞれの素材によって得られる効果が異なります。
落下などによる衝撃からiphoneを守って保護することが目的なら、シリコン素材が最適です。シリコンはゴムの様な素材で、非常に柔らかくて弾力もあります。その為シリコン素材のiphoneケースなら落下による衝撃も弾力で軽減出来ます。シリコン素材なら衝撃にも強く、故障を防げます。
ケースの厚みなどが気になるなら、ポリカーボネート素材が最適です。
特徴には薄い事や耐久性に優れている事などがあります。特徴にある薄さはこの素材が最も優れています。耐久性はシリコンには敵いませんが水準以上の十分な耐久性があります。ポリカーボネートの素材は加工が容易なことからデザインも多様です。